消費者金融のプロミス、利用時の注意点とは

■総量規制の対象となる
プロミスは、分類としては消費者金融という貸金業者にあたりますので、総量規制の対象となります。
総量規制というと難しそうな言葉ですが、内容は単純で、キャッシングで借り入れできるお金の上限が年収の3分の1までに制限されるというものです。これは、プロミスに限らず、消費者金融ならばどの会社でも同じルールが適用されます。
既に他のキャッシングの利用がある人は総量規制が原因となって利用できない場合がありますので注意しましょう。

■収入証明書が必要な場合
借り入れ希望が50万円よりも大きいときや、他社の利用額を含めて100万円を超えるときは、収入証明書を準備する必要があります。
源泉徴収票か直近の給与明細が使えますが、入手するのに時間がかかるかもしれませんので要注意です。自営業の人は前年度も確定申告書を提出しますので、保管していたものを探し出してくる必要があります。

■即日融資の条件
プロミスでは最短1時間という驚きの速さで審査結果が出て、即日融資を受ける方法もいくつか用意されています。
銀行振込で即日融資をしてほしいときは、平日14時までに手続きをする必要がありますので注意しましょう。
365日たとえお盆やお正月でも24時間振込してもらえる便利な瞬フリは、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている必要があります。
これらの口座を持っていなければ瞬フリは利用できず、平日14時50分以降に受付した振込依頼は翌営業日の午前中に振込まれますので要注意です。
ただ、自動契約機でカード発行をすれば、即日融資はできますので安心しましょう。
参考サイト